マンション大規模修繕の際に必要になる費用について
ロゴ

syuuzenn

マンション大規模修繕の積み立てをしよう~計画的に行なおう~

修繕に備えて公益費を積み立て

マンション大規模修繕用として、住民から定期的に公益費を集めているところも多いです。この公益費は、急に修繕が必要になった時だけでなく、年単位で考えられる老朽化に合わせて積み立てをすることが大切です。見越せる老朽化に対して、大まかな計画を立てておきましょう。

修繕の多い箇所

安全性が低下した共用部

マンションの住民全員が使う、エントランスや階段などの共用部は修繕依頼の多い箇所の1つです。毎日たくさんの人が使用する分劣化も進みやすく、安全に暮らすために点検を怠ることが出来ない部分なので、修繕の際には候補として検討する必要があります。

耐久性の低下に繋がる壁から内部

外壁と内壁のどちらも時間の経過と共に弱くなってしまうため、ヒビ割れて内部の鉄筋が見えているマンションも少なくありません。放置して鉄筋にサビが生じると、簡単な修繕では改善できない上に耐久性も低下するので、日頃から気を配ることが大切です。

見栄えやイメージに大きく関わる外壁

清潔な印象や明るいイメージを保つためには、外壁が見栄え良く綺麗であることが重要です。外壁の手入れが第1印象にそのまま繋がることもあるので、色落ちや劣化が目立つ場合には、優先して修繕を行う人も多いです。

マンション大規模修繕の際に必要になる費用について

マンション

修繕費用を確認

公益費として住民から集め、積み立てたお金を修繕費用として使用しますが、1度の工事に全てを予算とすることは推奨されません。なぜなら、マンションの大規模修繕を行う必要性が、老朽化などの予想出来る不具合だけにあるとは限らないからです。急な破損や不具合にも対応出来るように、費用と予算のバランスをよく考えましょう。

多くの業者を比較してみよう

マンション大規模修繕を行っている業者は多く、それぞれに違った特色があります。費用を抑えた工事を得意とする業者や、外壁などの見た目に関する施工が優れている業者など様々です。そのため、業者選びの際には見積もりだけでなく、求めている技術も判断材料にすると良いでしょう。

修繕費用を抑える方法まとめ

修繕費用を抑えるためには、業者に定期的な点検の依頼を欠かさないことが重要です。大掛かりな工事をしなければならなくなる前に不具合に気づき、まめに修繕を行うことで、長い目で見た時の費用を大幅に減らすことが出来ます。

広告募集中